スロージギングと土佐清水ing

高知県土佐清水市での釣りブログです。釣り道具や土佐清水市情報も発信します。

スロースキップ FB アクションと使い方



スポンサーリンク

スロースキップFBのアクション、使い方についてです。

あくまで自分的感覚ですのであしからず。



DSC_0595[1]




DEEPLINER(ディープライナー)から発売中のスロースキップシリーズ「FB」。

FBの第一印象は、よく飛ぶなー!!でした。

ロッドの反発力でジャークすると、ジャークした瞬間から、フォールに移行するまでかなりの時間があります。

他のジグばかり使っていると、んんっ、アタリ!?って思うくらい滞空時間が長いです。

使い方としては、フォールを長く入れるよりもフォールに移るかな?て感じるくらいで次のジャークを入れます。

そうすることで、縦の移動は少なく、横の移動でアピールすることができます。

魚の反応は、日々違います。

縦の反応がいい日や、横の反応がいい日様々です。

縦のアクションができるジグは数ありますが、FBほど横のアクションが得意なジグは少ないように思います。

強めのジャークを入れることにより、普通のジグとして使うこともできます。

青物はもちろんのこと、遊泳力のあるマハタなんかにも効果があると思います。



実際縦のアクションに反応が悪く、FBにしか反応がなかった日の釣果
DSC_0168[1]


この日は、朝からアタリがなくボウズを覚悟してました。

2枚潮がひどかったので2枚潮に強いガーキーなんかも試したのですが、アタリがありませんでした。

っていうかアクションしている感覚がなかったんです。

ダメもとで、FBの上げでアピールすると、いきなりマハタが喰ってきました。

その後、いいサイズの真鯛とガシラを追加して、ほくほくで帰ることが出来ました。

2枚潮で糸がふけてアクションが利かなくなる前に、上げのアクションに着いてきて喰ったんじゃないかと思ってます。

まあ、魚に聞いてみないと分かりませんが...


潮の緩い日も全然使えます!!

5m位上げでフワッ、フワッとアピールして、一旦底を取り直してからのフワッで喰ってくるパターンが多いです。

このパターンはアオハタやガシラに強いです。


逆に速いジャークでパン、パンッ、パンッと10m位上げて、フワッとテンションを抜いてやると横方向にスライドします。

このスライドに青物が喰ってくるパターンも多いです。


あとフワッ、フワッとアクションを続けていると真鯛やヤガラが喰ってきます。


誰でも使える、ジャークしてフォールのジグではなく、使い方によって、様々なアクションができるテクニカルなジグだと思います。


僕のタックルボックスに必ず入っているおススメジグです。

シーフロアコントロール(SFC)
レクター クランキー ガーキー スパンキー


スロースキップ
CX VB Vib FB Freq





スポンサーリンク


おススメ記事
関連記事

 タックル(ジグ)

0 Comments

Leave a comment