スロージギングと土佐清水ing

高知県土佐清水市での釣りブログです。釣り道具や土佐清水市情報も発信します。

アクションカメラACAM-F01SBKで釣り動画をYOUTUBEにアップしてみました。



スポンサーリンク

釣りに行ったときに撮った動画をYOUTUBEにアップする方法をまとめてみました。



1.撮影用カメラの準備


まず最初に考えたのが何で撮影しようか、という事でした。
考えていたのが、スマホ、デジカメ、ビデオカメラの3つです。
スマホが簡単でいいかなと思いました。SONYのXPERIAを使っているので性能的には十分です。ただ写真もXPERIAで撮っていますので動画撮影で固定した場合ちょっと面倒臭いかなと...
次にデジカメ、最近のデジカメのほとんどは動画撮影にも対応していてしかもきれいに撮れます。持っているデジカメで撮影を考えましたが、防水ではありません。波しぶきが結構かかるので防水機能は必須でした。防水デジカメを探してみましたが結構な値段がします。
次にビデオカメラですが、子供の撮影用に一つありますが、これも防水でないという理由で却下。
ネットでビデオカメラを探していると...ありました!

エレコムのアクションカメラ ACAM-F01SBKです。
DSC_0947[1]

DSC_0948[1]

カメラ自体は防水ではないのですが、防水ケースが付いています。
この手のカメラは海外製の物も多く出てますが、説明書が日本語でないものがほとんどでした。エレコムのこのカメラはもちろん日本語対応。防水ケースを付けることでちょっとした水中撮影も可能ということで即ポチしました。(おまけで16GBのマイクロSD付き)ちなみに値段は6870円でした。
ジグが水中でどう動くかも撮影してみたいと思います。





2.撮影方法


主にマイボートでの撮影を考えているので、付属の固定器具で船のマストに付けてみました。

DSC_0987[1]

他にも腕や、ライフジャケットに散りつけ出来るアタッチメントや、両面テープでの貼り付けタイプなども付いていたので色々試してみたいなと思ってます。


3.動画編集


動画のほとんどは釣れていない時の動画なので、釣れていない時間をカットしたりつなげたりする動画編集が必要になってきます。最初は無料で優秀な編集ソフト「windowsムービーメーカー」で編集しようと考えていましたが、Windows10にはありませんでした。他の無料編集ソフトも試しましたが動画に広告の文字が入ったりと使い勝手が悪かったので、思い切って有料ソフトを買ってみました。
悩んだ末決めたのが、PowerDirector15Standart通常版です。
DSC_1006[1]


決め手になったのが国内販売本数NO.1と書かれていたことです。値段も4290円でした。
使ってみるとかなり使いやすいです。直感的に操作できるので説明書がなくてもなんとなくできてしまいます。

音楽を入れようと思ったのですが、これがまた面倒くさかったです。作業自体は簡単なんですが、著作権やらなんやらで著作権フリーの所から引っ張てきました。ユーチューブオーディオライブラリから借りるのが簡単でした。
どの音楽を入れるか決まれば、音楽の挿入も文字の挿入も簡単にできました。まだまだ使いこなせてはいませんが、慣れていければと思います。




4.実際に作ってみたテスト動画






中々大変でした。試行錯誤を繰り返しやっとできました。いい動画が撮れた時はアップロードしていきたいと思います。
しかし録画してるときはいいものが釣れませんね...そのうちビックリサイズの真鯛とのファイトを...




スポンサーリンク


おススメ記事
関連記事

 釣りの便利グッズ 小技 自作

0 Comments

Leave a comment