スロージギングと土佐清水ing

高知県土佐清水市での釣りブログです。釣り道具や土佐清水市情報も発信します。

シーフロアコントロール ガーキー アクションと使い方



スポンサーリンク

シーフロアコントロールのガーキーの使い方とアクションについてです。

DSC_0515[1]

僕がよくスロージギングをするのは、足摺岬沖です。まあ厳密にいえば、松尾沖位ですが。
黒潮の影響が大きく、それに乗って様々な種類の魚がやって来ます。
青物、鯛、根魚はもちろん、サメ、クジラ、イルカと様々な生き物が楽しませてくれます。

ただ、その黒潮の影響で潮がめちゃくちゃ速い時があります。全く釣りにならない時は諦めますが、ギリギリ釣りができるかな~?というときは、これの出番です。
フォールが速く、二枚潮にも強い。
レクタークランキーでどうしようもない時に、助けてもらってます。
まあ、できれば使いたくはないジグですね(笑)

とはいえ、さすがsfc!釣れるんです!!
速いフォールにしか反応が良くない時や、大きいジグに反応しない時、ガーキーの小さなシルエットと速いフォールが大爆発を起こす日があります。
ガーキーも必ずタックルボックスに入れていくべきジグだと思います。

ちなみに個人的には、鯛がよく釣れます。
ストロボと同じく、小さなシルエットが鯛に効くのかな~?

DSC_0004.jpg




シーフロアコントロール(SFC)
レクター クランキー ガーキー スパンキー


スロースキップ
CX VB Vib FB Freq





スポンサーリンク


おススメ記事
関連記事

 タックル(ジグ)

0 Comments

Leave a comment