スロージギングと土佐清水ing

高知県土佐清水市での釣りブログです。釣り道具や土佐清水市情報も発信します。

【のり転写】メタルジグのリペアに挑戦。塗装の剥げたジグも新品に!?



スポンサーリンク

決して安くはないメタルジグ。
使用するたびに塗装は剥がれ、新品が恋しくなります。

かといってリペアは面倒くさい。
ホロシートを貼って試したことはあるのですが、きれいに出来ない&面倒。

しかし、メルカリでいいものを見つけました。


DSC_0150.jpg


のり転写シート!


熱転写も出来るのですが、これはスプレー糊などを使ってホログラムが簡単に転写できるという優れもの。

これを使ってリペアに挑戦したいと思います。

ボロボロになった歴戦の猛者たち。

DSC_0148.jpg


特に何年か前に絶大な釣果をもたらしたティムコのオーシャンドミネーターロングなんてもう戦える状態ではありません。

DSC_0149.jpg





調べてみるとスプレー糊はこのタイプが良いようなので、これもメルカリで購入。
Amazonなどにもありますが値段は高め。

DSC_0151.jpg





本当は塗装などをきれいに剥いで張り付けるときれいに出来るんでしょうけど、面倒なのでそのままスプレー&転写。

DSC_0208.jpg


乾かしてからシートを取り、反対側にも転写。

DSC_0247.jpg


それっぽくできました!

このままではすぐ剝がれてしまうのでウレタンドブ漬け。





ロングタイプはリア側、フロント側と分けてコーティング。


DSC_0248.jpg


DSC_0249.jpg


あとは乾くのを待つだけ。
今回は2回ドブ漬け。

DSC_0251.jpg


乾いたら完成。
決して新品とはなりませんでしたが、それっぽくできました。

DSC_0284.jpg


きれいに仕上げるためのコツ


今回やってみて気が付いた点があったのでまとめてみました。

・糊のスプレー量に注意
薄く均一にスプレーして貼り付けることが重要です。シートを剥したあとも完全に乾いてない部分があったので、そこを触ってしまうとグチャっとなります。

・アイ(目玉)にはマスキングを
今回は面倒だったのでアイにマスキングなどをしないまま転写しましたが、転写後は糊が固まってアイの部分を削るのが難しいです。


ちなみに、今回リペアしたCBマサムネですが、実戦でも仕事をしてくれました。

DSC_0288~2

DSC_0293.jpg


大体のコツは分かったような気がするので、次回からはもうちょっときれいに出来そうです。

スポンサーリンク


関連記事

 タックル(ジグ)

0 Comments

Leave a comment